メインイメージ

水位の変化と推移

トイレつまりの水位の変化とつまりの推移の特徴

トイレつまりが起きてしまうと、便器の水が溢れ出てしまうため、トイレが利用出来ない事態を招きます。

仮に、便器の水が流れない状態で、トイレタンクの水を流せば、排水が行われないので便器の水が溢れ出て来ることになります。
便器の水が溢れてしまう事で床を水浸しにしてしまいますし、便器の中に排泄物などが残っている場合には不衛生な状態になりかねません。

また、最近の住宅の床はフローリングになっているケースも多く、トイレ室内もフローリングの場合などでは床が駄目になってしまうと言う事態にもなります。
更に、マンションなどの住居の場合は階下への水漏れが起きる事になるため、損害が大きなものとなることからも、便器の水が流れない状態で、トイレタンクの水を流すのは厳禁なのです。

そもそもトイレつまりと言うのはどのようにして起きるのでしょうか。
トイレの排水管は便器の複雑な排水管部分で排泄物やトイレットペーパーを水圧などにより細かく砕いてから、下水へと送り込む仕組みになっていると言います。
排水管内部は長い期間利用していると、表面に汚れなどが付着していて、そこに大量にトイレットペーパーを流すことで詰まりの症状を招くことになるのです。

最初は水の流れが悪い状態になり、徐々に水が無くなるのが遅くなるのが特徴で、いきなりトイレつまりが生じるのではなく何らかの前兆となる推移が在るのです。
推移の段階としては、水の流れが悪くなる事、そして次に水が無くなるのが遅くなる事、そして最後は水が流れなくなると言う推移の中でトイレつまりが生じる事になります。

便器の水は、水洗タンクの水を流すと水位に変化が起きますが、排水管内部で詰まりが生じている場合などではその水位の変化が少ないと言います。

更に、水を流し終えた後に排水管内部から異音が聞こえるケースもあり、流し終えた後に異音が発生している場合には内部に詰りが生じていると考えた方が良いと言います。

このままにしておけば症状は悪化する事になりますので、早めに改善をしたいところです。
ホームセンターなどに行くと、ラバーカップと呼ばれる詰まりを解消してくれる道具が売っていますので、ラバーカップを利用してつまりを解消させてみるのも方法の1つです。

また、ラバーカップを利用する時に重曹を併用したり、お湯を併用すると異物が軟らかくなり、取り除き易くなると言われているのです。尚、ラバーカップを利用してもトイレつまりが解消しない時には専門業者に修理を依頼するのが良いのです。

Copyright© 2015 トイレづまりにかかる修理費について知っておこう All Rights Reserved.
Sitemap