メインイメージ

修理にかかる代金

トイレつまりの修理にかかる代金について

トイレの水が急に流れなくなったり、水が逆流して溢れてきたり、トイレのトラブルが起きたことはありませんか?
トイレは毎日使う物で、時間に関係なく使用するため、トラブルが発生したときは急な対応が必要になります。そこで、トイレつまりなどのトラブルが起きた時の対処方法を説明します。

まず、業者に修理の依頼するのが一番ですが、特にトイレつまりの場合、自分で直せる場合もあります。トイレつまりの原因としては、トイレットペーパーを一気にたくさん流してしまいつまったケースや、物を落としてしまったり異物を流してしまったり、配管部分に何か原因がある場合などがあります。
そんな時、まず自分でできる事は、すっぽんとも呼ばれるトイレ用のラバーカップです。ゴム状のカップをトイレのくぼんでる部分に押しつけて、吸い取ることをします。つまったものがうまく吸い出せれば、意外に直ることもあります。ホームセンターなどで簡単に買えるので、家に置いておくことをお勧めします。

それでもトイレつまりが直らない場合は、専門業者に修理依頼をするしかありません。急なトラブルであっても、連絡をすれば24時間365日時間に関係なく、いつでも対応してくれる業者もあります。特に、配管に問題があった場合、専門家でないと対処は難しいため、修理依頼は必要になります。
トイレつまりなどのトラブルが起きた際におすすめの業者ですが、まずは「水道救急センター」です。
こちらは、出張見積りが無料で、トイレ以外の水回りのトラブルにも迅速に対応してくれます。またカードでの支払いも可能なので、急なトラブルで現金の持ち合わせがなくても、カードで支払いができ便利です。修理代金も3000円からとお手頃価格が特徴です。

次に人気なのは、「トイレ100番」です。こちらの特徴は、常にエリア内をスタッフが巡回しているので、連絡をしてから30分以内に来てくれるところです。この早さは業界一位とも言われています。さらにトイレ専門のスタッフなので、他社よりもトイレ修理に詳しいスタッフが多いことです。こちらの代金ですが、5000円からと比較的お手頃です。
3番目に評判の高いところは、「クラシアン」です。CMで宣伝もしているため、認知度は一番あります。特徴は、全国各地にあるため、他社では対応できない地域も出張可能というところです。またスタッフが到着するまでの間に、自分でできる対処方法を教えてくれるところも人気のある理由のようです。代金は、8400円と上位2社に比べると少し高めです。

このように、トイレつまりが急に発生した場合、まずは自分でできる方法を試し、それでも直らない場合は専門業者に依頼することをお勧めします。

Copyright© 2015 トイレづまりにかかる修理費について知っておこう All Rights Reserved.
Sitemap