メインイメージ

ラバーカップを利用

トイレつまりはラバーカップを利用して空気を送る

トイレつまりが起きた時は業者に連絡をすると答える人は多いものです。

但し、トイレつまりと言っても幾つかの症状が在ることや、原因が有って詰まらせてしまうケースなどが有るので、緊急を要するものなどの場合は専門の業者に依頼をしなければならないケースも有ります。

一般的に起きるトイレつまりは、排水管の劣化などによる原因であり、築年数が経過している住宅などは自然にトイレつまりが起きるケースが多いのです。

排水管内部は長い歳月の中で汚れが付着して行きます。
この汚れが異物をとどまらせてしまう事で詰まりが生じる事があるのです。

トイレつまりの中でも多いと言われているのがトイレットペーパーを大量に使って流すケースや、トイレの掃除に利用する紙製のクリーナーなどを流すことで排水管内部に留まり、異物となって排水される流れを悪くしてしまうのです。

この様な異物は業者に依頼をしなくてもラバーカップを使って空気を送り込む事で取り除くことが出来るケースも有るのです。

ラバーカップと言うのは、黒い色をしたゴム製の器具が棒の先端部分に付いているもので、ゴム製の器具はお椀をひっくり返したような形をしています。
ゴム製になっているので弾力性があり、お椀のような形状をしている部分にある空気を、棒を押すことで排水管内部に送り込み、空気により水圧を与えて異物を取り除くと言う方法になります。

ラバーカップは100円均一のお店でも購入が出来ますが、棒の長さやゴム製の器具の大きさなどは便器のサイズに合わせて選ぶ必要があり、使いやすいラバーカップを選ぶ事がコツです。

また、ラバーカップは完全に水が流れない状態でも利用する事で排水を促せることが有りますので、まずはラバーカップを利用して詰まりが解消できるか否かを確認して、ラバーカップでも詰まりが解消できない時に専門業者に依頼をすると言う方法で行えば、ラバーカップで解消出来れば安い費用でトイレつまりを直すことが出来るわけです。

尚、異物は長い歳月の中でこびり付くように付着している事も有ります。
この様な異物は、ラバーカップで空気を送り込んでも簡単に取れない事が在るのですが、便器に50度前後のお湯を注ぎ入れたり、お湯に重曹を溶かしてから便器に注ぎ入れることで異物が軟らかくなるため、取り除き易くなります。
尚、異物が取り除かれることで水の流れがスムーズになった時は、排水管内部を綺麗に洗浄してくれるパイプクリーナーなどを使ってメンテナンスをしておくことでトイレつまりが起き難くなると言います。

Copyright© 2015 トイレづまりにかかる修理費について知っておこう All Rights Reserved.
Sitemap